2010年03月22日

メシマコブとアガリスク

メシマコブもアガリクスもそれぞれに優秀な効能を持っていて、実際問題、メシマコブvsアガリクス、なんていう単純なレベルではないようです。
そこで、恥を忍んで尋ねてみましたよ、”メシマコブとか、アガリスクってなんですか?”ってね。
ですから、アガリクスキノコという呼び名が最も一般的ではあるのですが、実は百科事典などでは、正式な和名であるヒメマツタケで紹介されている事が多いんですね。
そしたら、同席していた先輩たちから、キノコの名前だという答えが返って来ました。
利用者としても、やはり直接人体に取り込む物ですから、不安や疑問は大きい事でしょう。
アガリスクは、確かにどこかで聞いた事のある言葉のような気はするけど、その正体が分からない。
ただ、一般的に比較すると、アガリスクは短期集中型で効果を発揮するのに対し、メシマコブは、じっくりと多種多様の効果を現すようです。
そこで、ネットで調べてみると、アガリスクはどうやらアガリクスと呼ぶのが正しいらしいという事が判明しました。
でも、結局は実際に両方を試してみないと、どちらが自分には適しているのかは分からないのだそうですね。
キノコだよ、キノコ、メシマコブもアガリスクもキノコの名前、それもガンに効くキノコの名前だってね。
どちらもキノコの仲間ですから、抗癌作用や免疫力の促進という面ではそれなりの効果が得られるのは確かなようです。

メシマコブは、うちにあった百科事典で調べると、女島に生育するキノコなのでメシマコブと呼ばれるようになったという事が分かりました。
posted by ヘルス at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メシマコブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。